SB秋山監督の男泣きの真意

ソフトバンクホークスが3年ぶりのパ・リーグでのリーグ優勝を決定して間もないですが、 クライマックスシリーズを前にしてスポーツ紙が監督の今季限りでの退団を報道しました。 9月末あたりにはすでに心のなかで決めていたようで、それなら優勝が決定した瞬間に泣いてしまっても 仕方がないシチュエーションだと思ってしまいました。 たしかにマジックが点灯しようかというところでチームの勢いが失速したのは事実でしょうが、 そこまで引っ張ってきたのは明らかに監督の力もあってこそのものだと思っています。 別にそれに責任を感じている必要はないと思いますし、仮に責任があるのだとすれば 来年それをバネにして再度リーグ制覇に挑戦すれば良いことだと思われるのですが、 監督の意志は堅いようで今さらいってもどうこうなるものでもないでしょうね。 球団側も引き止めていたというのですからそれを振り払って辞めたいという気持ちが先行しているのならば ファンとしてもお疲れ様でしたと言ってあげるくらいの気持ちでいたいと思います。自動車保険見積もりスターライト/オススメの安い保険