主婦で年収証明不要なキャッシングについて

改正貸金業法が施工となってから、消費者金融などの貸金業者からの借り入れは年収の3分の1までしか借りることができなくなりました。

専業主婦は収入がないことから、消費者金融などの貸金業者から借入することができないのですが、銀行カードローンであれば借入することが可能です。
これは、総量規制の規制を受けているのは貸金業者だけであり、銀行は貸金業者ではないので、年収による規制がないので年収証明不要なのです。
銀行でのキャッシングでも、配偶者に安定的な収入があれば30万円から50万円までの融資を可能としており、融資は最大でも50万円以下となっています。
銀行系のキャッシングはテレビCMなどでよく目にすることが多くなってきており、利用しやすいイメージがついています。

これは、キャッシング会社にとって、上客は延滞しないで利息をつけてしっかりと返済してくれるお客で、男性よりも女性のほうが現実的でお金にもシビアなので貸し倒れのリスクも少なく、主婦などの女性の利用を増やしている傾向にあります。
詳細は→おすすめカードローンOC201※借り換えにも!低金利借入比較に詳しく紹介中!